ワーキングウーマンを応援! 働く女性たちをサポートするためのサイトです!

育児中の女性が時短勤務を活用するメリット。

女性の場合、結婚して出産すれば育児をしていくことになるので、通常通りの仕事はなかなかできなくなります。根本的に考えると、育児の時間が必要となり、職場復帰さえなかなな難しいと考える女性は多いはずです。このような現状を打破するために作られているのが、時短勤務です。これは、子供が3歳になるまでは1日原則6時間の勤務ができるというもの。この制度を有効活用することで、職場復帰を諦めていた人も上手に仕事と育児を両立させて生活をしていくことが可能になります。

 ただし、この制度を利用した場合、必ずしも以前と同様のお給料が保証されるものではありません。ただ、全く仕事に就くことができないことを考えれば、お給料は下がったとしても、6時間の勤務をして働いた方が生活は楽になると考えられます。

 また、お金の問題だけではなく、育児そのものは女性にとっては戦争です。通常男性は外に出て働き、女性は育児が中心になります。しかし、育児はとても大変なことばかりであり、さらに想定しないことさえ起こる場合があります。これを女性が一人で行うことになれば、女性は精神的に追い詰められることもあるでしょう。そう考えると、時短勤務という形で仕事を行い、育児もこなした方が社会から取り残されるという不安がなくなり、精神的にも落ち着いて生活ができるかもしれません。精神的に落ち着くことができれば、夫婦円満な家庭が築けて子育てにも良い影響を与えることになります。トータル的に考えると時短勤務は有効なのではないでしょうか。