ワーキングウーマンを応援! 働く女性たちをサポートするためのサイトです!

無理なく子育てをするための制度について

今は共働きが増えていて、妊娠や出産を経て子育ての時期になっても仕事を続けたいと思う人は多いです。経済的な事情もありますし、離職すると正社員での復帰が難しくなってしまいます。収入面だけではなく、年金など福利厚生といった内容から将来を考えると正社員のまま働き続けたいと思うはずですが、家庭との両立が難しいのも確かでしょう。また介護業界など人手不足の職場では、退職者が出ると仕事に支障が出てしまい、心情的にも離職したくないと思うかもしれません。そういった時に利用したいのが時短勤務です。

 この制度は、子供が3歳になるまで1日原則6時間の短時間勤務が可能となる法律です。メリットは福利厚生面がフルタイム勤務状態の時と変わらず、将来の年金支給額が減らないという点です。ただし、収入面に関しては一時的に下がってしまうことが多いので注意が必要になりますが、上手く活用すると正社員として働きながらも、子育てを含む家事の両立がしやすくなります。

 特に介護業界では主婦層の働き手が多く、この制度への理解がありますから、利用しやすいという特徴があります。子育てに関しては、他にもさまざまな制度があるので、調べて積極的に活用していくと暮らしが楽になるでしょう。生真面目な人ほど仕事と家庭のどちらも頑張ってしまい無理をしてしまいますが、使える制度は利用するべきです。子育てはこの先も続いていくので、自分自身が楽に行える環境を整えておくことが大切になります。