ワーキングウーマンを応援! 働く女性たちをサポートするためのサイトです!

女性の専門職を時短勤務で支援している介護業界

介護施設には、介護士以外に看護師や薬剤師、栄養士など様々な専門職のスタッフが勤務しています。これら専門職の有資格者は女性の割合が多いため、女性の働きやすい職場環境を整備する動きは、全国各地の介護施設で見られます。育児や家族の介護を理由にした離職の問題が注目される以前から、スタッフが離職せずにプライベートと仕事を両立させることができるように、独自の制度で対応している施設もあります。

 正社員向けには時短勤務をはじめ、深夜労働を制限するなど、勤務時間の短縮に対する取り組みはもちろんですが、給与面でも家計への不安を軽減できるような制度を検討・導入している職場が増えています。それでも勤務の負担が大きいと感じた時には、正社員からパートに一時的に切り替える方も少なくありません。雇用側としっかり話し合いをして、育児や介護が一段落した後の対応を事前に確認しておく必要があります。

 パート勤務の場合は夜勤は基本的になく、短時間勤務の希望も通りやすいです。デイサービス施設なら、営業時間が朝から夕方までなので、他のスタッフに遠慮して休みが取りにくいということも少なく、安心して働くことができるでしょう。時短勤務に伴う人手不足を補うために、チームワーク強化を図りながら、全スタッフが快適に働くことができる環境作りが進められています。このような取り組みによって、介護施設が利用者に提供するサービスの質が向上すれば、内外からの評判が高まるのでり、施設側にもメリットがあるのです。